blog index

三響な日々

札幌市手稲区にある管楽器修理・販売専門店「三響楽器」の日常や楽器の事などをお知らせしています
こんなのどうでしょう??〜キーボード・サスペンドシンバルマレット編〜

 前回はサスペンドシンバルの世界をご紹介いたしましたので、今回はさらにマニアックなマレットをご紹介しようと思います!!

 

 まずご紹介するのは、

シロフォンマレット サイトウ R-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シロフォン用マレットの場合、固めの樹脂製ヘッドが広く普及していますが、ガラス入りアセタールなどの硬すぎる素材では、強奏時の木製鍵盤に与えるダメージが大きくなってしまうため、鍵盤割れや剥がれを引き起こし、楽器の寿命を縮めてしまいます。

 今回紹介する「R-1」最大の特徴は、マレットヘッドの素材にあります。

 斉藤楽器製作所では、マリンバとシロフォン、ビブラフォン、グロッケンを製作しています。R-1に使われているウッドヘッドは、マリンバの音板を製作する過程で出る、ローズウッドの端材を利用しています。

 そのため、木製鍵盤との相性は非常に良く、鍵盤のポテンシャルを最大限に引き出します。

 

 

 

続いてご紹介するのは、

サスペンドシンバルマレット サイトウ X-82

 サスペンドシンバル用のマレットといえば、キーボード用マレットを使いまわしている方が多いのではないでしょうか??

 「X-82」は、極細の毛糸を巻いたヘッドと、短めのシャフト()が特徴の、サスペンドシンバルマレットです。

 綿糸と毛糸の中間に位置する極細毛糸を使用したヘッドは、シンバルのしっかりと響きを引き出しつつ、「ぽこぽこ」したアタック音を抑えてくれます。

 短めのシャフトは、しなりすぎないためクレッシェンドなどの強奏時にもマレットコントロールがしやすい設計になっています。

 

 

 最後にご紹介するのは、

サスペンドシンバルマレット ロンヴォーン RVNCymM5B

 「RVNCymM5B」は、ウッドブロックやテンプルブロックに定評がある、アメリカのパーカッションメーカー ロンヴォーンから販売されている、ハンドメイドサスペンドシンバルマレットです。

 適度に重みがあるヘッドが、シンバルから効率よく本来の響きを引き出します。

 今回紹介する「RVNCymM5B」は、シャフトにバーチ材を使用しているため、ラタン()に比べてしなりが少なく、マレットコントロールのしやすい作りになっています。

 シンバルにマレットを落とすだけでしっかりと楽器を鳴らすことの出来るため、弱奏時でも美しい響きが得られるマレットです。

 

 コンクールが迫ってくると、日頃気にならない部分も気になり始めるものです。

楽器のクオリティや奏法はもちろんですが、マレットにもこだわってみませんか??

 

                                         ムラノマリオ 

| 三響楽器 株式会社 | こんなのどうでしょう〜打楽器編〜 | 23:28 | - | - | pookmark |
こんなのどうでしょう??〜サスペンドシンバル編〜

 

 さて、今回は鳴り物打楽器の花形「シンバル」の中でも、サスペンドシンバルの紹介をしようと思います。

 

 サスペンドシンバルとは、文字通り「つるす+シンバル」のことをいい、主にマレットやスティックでの演奏を前提としたシンバルのことを言います。

 ただし、ロックやジャズドラムで用いられるスタンドにセットしたシンバルと、今回ご紹介するクラシックサスペンドシンバルは全くの別物です!!

 

 ロックやジャズにおけるシンバルは、ハードヒットに耐えしっかりとした鳴りを得るため、ある程度の厚さを持たせてあります。それに比べてクラシックサスペンドシンバルは、オーケストラや吹奏楽での繊細なタッチにも敏感に反応し、しっかりとした響きを得やすくするために、やや薄めに作られています。

 

 ドラムセット用のシンバルや、合わせシンバルの片方をサスペンドシンバルとして使用している場合もあるようですが、“本物の”サスペンドシンバルは全く鳴りと響きが違います!!

 

さて、前説はここまでにして、おすすめのサスペンドシンバルをご紹介します!!

 

セイビアン

アーティザン トラディショナル サスペンドシンバル

VL-18AS 63,000(抜)

 

 

 近年そのクオリティの高さから、圧倒的な支持を受けているセイビアン。そのハイエンドモデルが「アーティザン」シリーズです。しっかりとした厚さ(質量)に裏打ちされた音圧と豊かな倍音、奥深いダークトーンは他の追随を許しません。

 音楽的な高揚感や、パワーが必要な場面において圧倒的な存在感を発揮する逸品です。

 

 

 

小出

センシティブシリーズ クラシックサスペンドシンバル

808-S18CSM ¥42,000(抜)

 

 

 純国産のシンバルメーカーとして、急速に成長を遂げている小出シンバルは、元々ドラムセット用のシンバルを多く手がけていました。東京スカパラダイスオーケストラの茂木氏や、PE’zの航氏が愛用するシンバルメーカーが生み出したクラシックサスペンドシンバルは、近年その評価を急速に高めています。

 シンバルの端に行くにつれて薄くなるフォルムからは、明るく華やかな音色が放たれます。弱奏時の反応も素晴らしく、ロール奏法におけるクレッシェンドでもそのバランスが崩れない、完成されたメイドインジャパンのサスペンドシンバルです。

 

 

 

イスタンブール アゴップ

コンサートサスペンド ミディアムシン

18インチ ¥39,000(抜)

 

 

 シンバル発祥の地であるトルコのイスタンブール・アゴップ社は、伝統的な製法にこだわる老舗シンバルメーカーです。シシドカフカも愛用するそのシンバルはロックからジャズまで、幅広いプレイヤーから賞賛を受けています。

 そんなイスタンブール・アゴップ社が作り上げたサスペンドシンバルは、明るく華やかな音色の中に、民族的なダークトーンが絶妙なバランスで同居する一枚です。前出のセイビアンや小出に比べて定価設定も安くなっており、シンバルを買い換えたいけど予算が・・・でもクオリティに妥協したくない!!というあなたにうってつけのシンバルです。

 

 最後にシンバルの交換時期とサイズについて少しお話したいと思います。

 シンバルはご存知のように、金属の塊に直接衝撃を与える事で音を出す楽器です。

 新しいピカピカのシンバルは音の立ち上がりも早く、響き(サステイン)も長続きします。

 しかし、長く使用するとシンバル本体の金属疲労が進み、立ち上がりが鈍く、サステインもどんどん短くなっていきます。また、シンバル表面の汚れや指紋を放置すると、その汚れが酸化し固着する事で黒々と変色し、シンバル本体の鳴りを阻害するため響きに悪い影響を与えます。

 楽器についた指紋や汚れはすぐにふき取る、シンバルクリーナーで定期的に汚れを落として磨く事で、シンバルの劣化は遅らせる事ができますが、消耗品である以上はいずれ寿命がきます。

 

 シンバルの大きさについては、サイズが小さくなればなるほど(17、16インチ)ロール奏法時の音量と音圧は失われますが、音の立ち上がりが早くなります。反対に、サイズが大きくなればなるほど(19、20インチ)、音の立ち上がりは遅くなりますが、ロール奏法で威力を発揮します。

 今回紹介したシンバルはすべて18インチですが、音の立ち上がりとロール奏法時のパワー、サスペンドシンバルに求められる要素のバランスが取れたサイズが18インチと言えます。

 

 ここぞという時の一音に納得できない、どうしても欲しい音色、音圧が出てこないと感じ始めたときが、シンバルを買い換えるベストタイミングです。

 

ムラノマリオ

| 三響楽器 株式会社 | こんなのどうでしょう〜打楽器編〜 | 20:21 | - | - | pookmark |
こんなのどうでしょう〜打楽器編第2回
こんばんは、ムラノですクマ

さてさて今回は、前回ご好評をいただきました、"こんなのどうでしょう〜打楽器編"の第2回目でございます。

今回取り上げるのは…

トライアングル!!!

たかがトライアングル・・・・・・・・・・・・と侮ってはいけません!!
曲の要所を占める打楽器の音色が、曲の出来を左右することは往々にしてあるのです!!


まず最初は、ボストンポップスオーケストラの打楽器奏者である、ニール・グローバー氏がプロデュースする"グローバー"から。
グローバータンバリンは世界的な名器として名高いですが、トライアングルも逸品ぞろいですよ!!

GV-TRBPH6 ¥35,000(抜)


直径12.7mmの高純度ブロンズに、細かいハンマリングをまんべんなく施すことで、複雑な倍音と重厚な音圧を際立たせたモデルです。
ラインナップは6インチ、7インチ、8インチの3種類。

〜 使用感 〜
"チーン"というよりは"ヂ〜〜ン"というような、暗めながらギラギラした音色。
余韻は十分で音色も非常に魅力的ですが、曲やシーンを選ぶかも。


GV-TRBHL8S ¥12,900(抜)


直径9mmのブロンズ材に、ランダムハンマリングを施したトライアングル。
前出の「GV-TRBPH6」に比べて、直径も細く、ハンマリングも控えめになっています。
ラインナップは4インチ、5インチ、6インチ、7インチ、8インチ、9インチの6種類。

〜 使用感 〜
音色は"ヂーン"という感じ。
軽めな音色ですが、ハンマリングの効果で倍音が強調されています。
細身な分音圧は「GV-TRBPH6」に劣りますが、それでも十分な実力をもつトライアングルです!!




続いては、筆者も愛用する"アランエーベル"
フィラデルフィア管弦楽団の打楽器奏者である、アラン・エーベル氏が作成する、ユニークなデザインのトライアングルです。

AA-WM Wagner-Mahler Model ¥22,000(抜)

独特な二等辺三角形にデザインされたトライアングル。非常に落ち着いた音色を、もつ人気の高い逸品です。

アランエーベルトライアングルのラインナップは以下の3種類
AA-S 4インチ(太さ:10.5mm)
AA-L Symphonic Model 6インチ (太さ:14.5mm)
AA-WM Wagner-Mahler Model  6インチ (太さ:16mm)

~ 使用感 ~
Wagner-Mahler Modelの名のとおり、16mmの太い本体から放たれる音は、厚いオーケストレーションの中でも埋もれず、どこまでも伸びてゆく透き通った音色。ハンマリングは一切していないので、倍音のギラギラ感は薄いですが、その分非常に落ち着いた音色と、圧倒的な音圧を併せ持つ魅力的なトライアングルです。


さて、ここまで3種類のトライアングルごご紹介いたしました!!
ハイポテンシャルのトライアングルを十分に鳴らすには、ビーター選びも重要です。

マイクバルター トライアングルビーターセット 
MB-TB ¥12,700(抜)


太さの違うビーターが一対になったユニークなデザイン。
中心のオモリを移動させることにより、ビーターのバランスを変えることができます!!
打楽器はその特性上、大きな音を出そうとして強打すると、打撃音ばかりが目立ってしまい響きが失われてしまいます。
「MB-TB」は、ピアニシモからフォルテシモまで、ビーターの重さで最適な音色を作り出すことができるため、音量と響きのバランスが取れた魅力的な音色を引き出します。


さて、今回も長文になってしまいましたがいかがでしたでしょうか。
北海道札幌市はコンクール地区大会の本番まで、1ヶ月を切っております!!
要所を締めて曲の完成度を高める、シンバルやトライアングルなどの鳴り物打楽器は非常に重要です!!
この機会に、お持ちのトライアングルの買い替えをご検討されてはいかがでしょうか?

ムラノでしたクマ



 
| 三響楽器 株式会社 | こんなのどうでしょう〜打楽器編〜 | 21:00 | - | - | pookmark |
こんなのどうでしょう〜打楽器編 第1回〜
こんばんは、ムラノですクマ
みなさま打楽器でお困りのことはございませんか??
今回から全○回の予定で、注目の打楽器、マレットを、著者が実際に使用した感想を織り交ぜながらご紹介いたします!!

記念すべき第1回目は・・・


「マッサー ティンパニマレット TBシリーズ」
定価:¥8200(抜)


鍵盤楽器でおなじみのマッサーブランドから今年の5月に発表された、バンブーシャフトのティンパニマレットです!!

使用感、スペックはこんな感じ↓↓↓↓


〜マレット ヘッド〜
芯材はR付のコルク。フェルトはドイツ製のもの使用し、他社メーカーよりもキツめ(硬め)に巻いてあります。
ヘッドが小さいハードマレットで強打すると『打撃音>>>>響き』のような"痩せた音"になりがちです。マッサー TBシリーズは、大きなヘッドのおかげで、強打しても打撃音だけになりにくく、響きをともなった芯のある音が出ます。
残響が多いよく響くホールでは、音が飛んで行く過程で残響をまとうため、客席で非常に豊に鳴ってくれます。

※右:プレイウッド T-15 ハード
※左:マッサー TB-1 ハード




〜シャフト〜
シャフトは他社のものに比べてやや細身で長く設計されています。

これは、多くの楽器を掛け持ちする学校現場で、スティック、キーボードマレット、ティンパニマレットの持ち替えを違和感なく行えるようにという配慮によるもの。

長く、細身のシャフトは良く"しなる"ため、大げさに振りかぶらなくてもしっかりとマレットヘッドに重さが乗り、ティンパニを効率よく鳴らすことができます。手の小さい女性の奏者は非常に扱いやすいと思いますよ!!

※上:プレイウッド T-15シリーズ
※中:マッサー ティンパニマレット TBシリーズ
※下:マッサー キーボードマレット M200シリーズ



〜使用感〜
第一印象は「思ったより硬いな」といった感じ。
シャフトがよくしなるのでしっかりと楽器を鳴らしてくれますが、私にとっては若干細く手の中で遊んでしまうので、プレイウッドのグリップチューブMサイズをつけて使ってます。


Mサイズ ¥800(抜)  2個set シリコン製 
  φ14.5×50(φ1〜φ11のシャフトに使用)


Lサイズ ¥800(抜) 2個set シリコン製 
  φ15.5×50(φ1〜φ13のシャフトに使用)


バンブーシャフトは1万円を越えるのが当たり前でしたが、1万円を切ってこのクオリティは正直驚きです!!
打楽器はマレットを変えるだけで音色が驚くほど変化します!!
是非一度「マッサー ティンパニマレット TBシリーズ」お試しください!!    
                                      耕





 
| 三響楽器 株式会社 | こんなのどうでしょう〜打楽器編〜 | 19:14 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ